アスオイルは今話題の美髪再生エルカラクトンが配合されたヘアオイルです。うねり・傷みや髪のエイジングケアなど全ての女性のヘアケアをサポートしてくれます。

 

年々蓄積していく髪へのダメージは外側から栄養を補ってあげなくてはいけません。SNSでも評判のいいアスオイルですが、効かない人もいるのでしょうか?

 

アスオイルが効かないのは使い方が原因?

アスオイルは口コミの評価も高く、うねり、パサつき、ツヤ、まとまりなどに効果を感じている口コミが多いです。それでも、毎日使っていて全く効かない、効果が感じられないという方は使い方が間違っている可能性もあります。一度見直してみてください。

 

 

アスオイルの正しい使い方

アスオイル 正しい使い方

 

効果を実感するには2つのポイントがあります。
見直してみましょう。

 

濡れた髪にタオルドライ

 

アスオイルはいつもどおりシャンプーやコンディショナーをした後に使用します。

 

つけるタイミングはタオルドライした後の濡れた髪。完全に乾かしてしまうとオイルの伸びが悪くなりますので、このタイミングがベストです。

 

濡れた髪をタオルで拭き取ったら1〜2プッシュを手に取って髪に馴染ませるだけ。
人によっては毛先を入念にマッサージするとよいです。

 

 

熱反応を起こすためのドライヤー

 

アスオイルの有効成分エルカラクトンは熱に反応して髪と吸着する性質があります。

 

エルカラクトンの恩恵を最大限受けるために
ドライヤーの熱を与えてあげましょう。髪を乾かすのと一緒にできますね。

 

熱は一箇所に当てるのではなく
小分けにして、繰り返し当ててあげると効果的です。

 

続けることがとにかく大事

 

アスオイル 継続

 

ヘアケアに即効性はないので、毎日コツコツ続けることが大切です。ダイエットや筋トレも一緒ですよね。すぐに効果が現れるわけではありませんので、しばらく使い続けてから使うのを辞めると「効果あったんだな」と気づく方もいるかもしれません。辞めたとたんにパサつきが出た、日中うねることが増えたなどといった口コミもありました。正しい使い方を守りながら継続をしていきましょう。

 

私が体験したアスオイルの失敗談をこちらでしょうかいしています。
興味があれば参考にしてください。